香川県の貸切バス・観光バスなら

Transport safety management

運輸安全マネジメント

令和4年度輸送の安全に関する公表

運輸安全マネジメント管理者

有限会社三豊中央観光バス

 代表取締役社長

  高 嶋 真 也

有限会社三豊中央観光バスは、令和4年度運輸安全マネジメントに関する取りついて、次のとおり輸送の安全に関する公表を行なっています。

1.輸送の安全に関する基本的な方針

社長は、輸送の安全に関する方針、目標および施策の実行に主体的に関与し、これらにかかる予算の確保、組織体制の確立等に必要な措置を講じる。

2.安全方針の社内への周知方法

乗務員会議のほか、「運輸安全マネジメント研修会」を開催して周知徹底を図る。
営業所の乗務員室等に掲示する。
点呼の際に唱和する。
乗務員会議等の機会に全員で唱和する。
文書配布による指示内容の伝達。

3.輸送の安全に関する目標及び当該目標の達成状況 - 年度安全目標と実績

物損事故年間2件まで(静止物ゼロ)・・・件数達成
                  令和3年度1件→令和4年度2

人身事故ゼロの記録継続・・・・平成26913日~0件継続中
重大事故ゼロの記録継続・・・・0件継続中
車内事故ゼロの記録継続・・・・0件継続中
交通違反ゼロの記録継続・・・・0件継続中
車庫内事故ゼロ・・・・平成30年度~0件継続中
スクールバス事故「ゼロ」・・・・達成
健康起因による事故「ゼロ」・・・・達成
点呼時のアルコール検知事案「ゼロ」・・・・達成

4.輸送の安全のために講じた措置及び講じようとする措置

●健康管理の取り組みの推進
1.産業医、保健師による健康管理(個人面談の実施)
2.SAS(睡眠時無呼吸症候群)対策の推進
3.脳ドック健診の実施
●点呼システムの強化
・電話点呼時、携帯モバイル式アルコール検査機を追加導入
●輸送の安全に関する予算等の実績額
・令和5年度・・・・全投資額は計19,443,500円の予定です。
・令和4年度実績

 ■安全教育費(運行管理講習・適性診断・健康診断・脳ドック・スクリーニング検査・外部機関講習・安全表彰)
 ■新車を1
台導入
 ・下記の6つの先進安全装置を搭載した大型エレベーターバス
 ・下記の6つの先進安全装置を搭載した大型エレベーターバス
 ・下記の6つの先進安全装置を搭載した大型エレベーターバス
 ・新型LEDヘッドライト
 ・ドライバー異常時対応システム
 ・火災延焼防止装置
 ・バスコネクト
 全投資額は計55,559,214円でした。

5.輸送の安全に係る情報の組織・伝達体制

輸送の安全に関する組織体制及び指揮命令系統図
●重大事故・異常事態発生時の緊急連絡体制

6.輸送の安全に係る教育及び研修の実施状況

●当社主催の教育・研修
・安全運転会議年(4回)

・タイヤチェーン取付研修
・事故・災害を想定した実技
・初任者運転者教育指導
・事故防止対策委員会(年4回)

・安全運転大会(表彰)

・階層別研修(入社経歴別の研修)

・たこつぼ研修(運転技術の向上を目的とした研修)

・ドラレコ・ヒヤリハット事案研修

●外部機関による教育・研修
・労務管理研修

・整備管理研修(四国三菱ふそう)

●講習会への参加、資格の取得
・運行管理者一般講習
・運行管理者基礎講習
・普通管理者基礎講習
・事故対策機構による安全セミナー
・飲酒運転防止インストラクター
・整備管理者選任前、選任後研修

7.輸送の安全に係る内部監査の結果並びにそれに基づき講じた措置及び 講じようとする措置

●令和5年2月に、経営トップ及び安全統括管理者への内部監査が実施され、安全管理 体制の構築・改善に関する取り組みについて、全社員が一丸となって見直し、改善が なされているとの評価を得ました。

8.輸送の安全に関する内部監査実施について

1.監査対象部門 経営管理部門及び現場実施部門
2.実施日 令和5年3月
3.監査員 監査リーダー他2名

9.安全統括管理者にかかる情報

●高嶋真也 (代表取締役)

10.行政処分の情報

令和4年度行政処分ありません。

上部へスクロール